【メディカルハーブ】ローズレッドについてのお勉強

メディカルハーブのお勉強(ローズレッド)

「ローズレッド」は花の女王様とも呼ばれ、甘い花の香りで高揚感を与えてくれます♪

甘い香りといっても、飲んでも甘くないんですよ。
あっさりとしたクセのない味で、後味もサッパリしてます。

世界三大美女として知られるクレオパトラもローズの香りを大変好んだといわれてます。

美肌を保つためにローズペタル(バラの花びら)を入浴剤として活用してたそうです♪

ちなみに、バラのつぼみのことを「ローズバッツ」といいます。

今回は、この「ローズレッド」のお勉強をしたいと思います♪

ローズレッドのあれこれ

メディカルハーブ(ローズレッド)

深くて甘い香りの「ローズレッド」

考え事が煮詰まった時の気分転換や緊張感をしずめたい時のリラックスティーとしておススメです♪

主な作用とどんな症状にいいの?

簡単にどんな作用があるのか、どんな症状に飲むといいのか気になるところですよね。
簡単にまとめてみました!

・鎮静作用

・緩和作用

・収れん作用

・強壮作用

・抗うつ作用

・下痢に!

・肝臓、胃腸の疲れに!

・美肌に!

・ホルモンバランス調整

・精神バランス調整

(バランスを整えるハーブですかね~)

※ホルモンバランスに影響があるので、妊娠中は使用を控えて下さいね!

▼作用の分からない方は、コチラを参考に!
精油の作用一覧とオススメの精油【初めてのアロマテラピー】

ローズの種類

メディカルハーブ(ローズレッド)

薬用と園芸用とあるので、混合しないようにしましょう。

薬用として利用されるのは、下記の種類です。

・ダマスクローズ

・ガリカローズ(アホテカリーローズ)

アホテカリーローズは「薬屋のバラ」とも呼ばれてます。

※一般的には、ローズというと「レッドローズ」をさしてます。

※薬用として使用する場合は、農薬を使っていないものを!

ローズレッドとローズピンクの違い

赤い色の「ローズレッド」ピンク色の「ローズピンク」の種類があります。

簡単に違いをご説明しますね。

ローズレッド ローズピンク
香り 弱い 甘い
品質保持期間 長い 短い
価格 安価 高価
効能 どちらも同じ

おススメのブレンド

メディカルハーブ(ローズレッド)

リンデンフラワー+ローズレッド+レモンバーベナ

レモングラス+ローズレッド

ローズレッド+カモミール+ラベンダー+マリーゴールド
(リラックス・安眠効果に!)

※中国茶とのブレンドもおススメです♪

ローズヒップをもう少し詳しく♪

「学名など知りたい!」というアナタへ、もう少しだけ詳しくご紹介!

・学名:Rosa gallica   バラ科・落葉低木

・別名:バラ

・原産地:アジア、ヨーロッパ

・利用部分:花

・主要成分
精油(シトロネロール、ゲラニオール、フェニルエチルアルコールなど
タンニン
有機酸

感 想♪

メディカルハーブ(ローズレッド)

実は、メディカルハーブの勉強をするまで薬用のローズがあるの知りませんでした~💦

勉強してみないと分からないものです。

ローズレッド、香りがよくリラックスできるのでイイですよね~♪
世界三大美女のクレオパトラも愛したローズの香りですからね。

美肌などの女性には嬉しい効果もあるので、積極的に飲まなくちゃ♪

今回も花言葉調べてみました!

ローズレッドなので、”赤いバラ”の花言葉で調べました!

「アナタを愛してます」「愛情」「情熱」「美」「熱烈な恋」だそうです。

ちなみに、赤いバラのつぼみだと

「純粋な愛」や「純粋と愛らしさ」になるんですって~

バラの花言葉は、有名なのでご存じでしたかね。

最後に、ハーブティー探しに役に立ちそうなサイトを2つほどご紹介しますね♪

【ヴェーダヴィオンラインショップ】
国内最大級のハーブ専門店【enherb】

今回は、「ローズレッド」のお勉強をしてみました♪

ハーブ勉強中のアナタの参考になれたら、嬉しいです♪

ココまでお付き合い頂きありがとうございました!
笑顔あふれる素敵な1日をお過ごし下さいね(^v^)

▼アロマの資格を取るなら▼
アロマテラピーを自宅にいながら本格的に学べる!目指せ在宅ワーク!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする