【メディカルハーブ】エキナセアについてのお勉強

メディカルハーブのお勉強(エキナセア)

エキナセアは、別名「パープルコーンフラワー」と呼ばれるように、紫色の可愛い花を咲かせます。

北アメリカの先住民がとても大切にしていたハーブです。
伝染病や虫刺されの傷の手当てなどに使っていたことから『インディアンハーブ』とも呼ばれていたそうですよ。

今回は、この「エキナセア」のお勉強をしたいと思います♪

エキナセアのあれこれ

ハーブ:エキナセア

インディアンハーブとも呼ばれる「エキナセア」は、
免疫力を高めるハーブ』としても知られています。

第二次世界大戦後にドイツなどでエキナセアの科学的研究が進み、免疫賦活作用や抗ウィルス作用などの有効性や安全性が確認され、広く知られることになりました。

なので、風邪やインフルエンザの予防におススメなんですよ♪

エキナセア+ローズヒップ をベースにしたブレンドで試してみて~

今でいう抗生物質的な役割を持つハーブですね。

主な作用とどんな症状にいいの?

簡単にどんな作用があるのか、どんな症状に飲むといいのか気になるところですよね。
簡単にまとめてみました!

・免疫賦活作用(免疫の働きを高めてくれます)

・抗ウィルス作用

・抗菌作用

・消炎作用

・風邪、インフルエンザの予防に!
(風邪を繰り返す人にお茶代わりにおススメ)

・尿道炎に!

・治りにくい傷に!

・ニキビ予防の化粧水として効果的

▼作用の分からない方は、コチラを参考に!
精油の作用一覧とオススメの精油【初めてのアロマテラピー】

おススメのブレンド

ハーブティー

エキナセア + リンデンフラワー + エルダーフラワー

エキナセア + ローズヒップ + ペパーミント

※連続使用は避けましょう!!
2週間位を目安に

※多量に飲むと、吐き気・めまいといった症状が起こることもあるので注意が必要です。

エキナセアをもう少し詳しく♪

「学名など知りたい!」というアナタへ、もう少しだけ詳しくご紹介します!

・学名:Echinacea purpurea   キク科・多年草

・別名:ホソババレンキク

・原産地:アメリカ

・利用部分:地上部、根部

・主要成分:

カフェ酸誘導体(エキナコシド、シナリンなど)
多糖類(ヘテログリカンなど)
精油
ピロリジジンアルカロイド

感 想♪

ハーブ:エキナセア

「パープルコーンフラワー」と呼ばれる通り、紫色の可愛い花ですね♡

ドライのハーブティーに、赤紫色の花弁が入ってるのを見たことあります。

エキナセアは、今でいう抗生物質的な役割を持ってるんですね~

昔の人は、ちゃんとそのこと知ってたんですね。
スゴイ!!

今回も花言葉調べてみました!

エキナセアの花言葉は、

「アナタの痛みを癒す」「優しさ」「深い愛」だそうです。

ハーブの勉強をして花言葉も調べてるんですが、ちゃんとあるんですね~

誰が作ってるんですかね??
…とちょっと疑問に思いました~^^;

最後に、ハーブティー探しに役に立ちそうなサイトを2つほどご紹介しますね♪

【ヴェーダヴィオンラインショップ】

国内最大級のハーブ専門店【enherb】

今回は、「エキナセア」のお勉強をしてみました!

ハーブ勉強中のアナタの参考になれたら、嬉しいです♪

ココまでお付き合い頂きありがとうございました!
笑顔あふれる素敵な1日をお過ごし下さいね(^v^)

▼アロマの資格を取る!

▶アロマテラピーを自宅にいながら本格的に学べる!目指せ在宅ワーク!

▶ビューティー資格ナビ アロマテラピー

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする