『エリンギの肉巻き』簡単!美味しい!ヘルシー!お弁当のおかずに!

『エリンギの肉巻き』夫の好きなお弁当のおかずのひとつです!

エリンギだけじゃなく、エノキやナス、アスパラやインゲンなんかに変えればアレンジが広がります♪

これを覚えれば、お弁当のおかずのバリエーションも増えますね^^

この日のお弁当のメニューは、

・エリンギの肉巻き
・卵焼き
・ハーブウィンナー
・ちくわチーズ
・ブロッコリー

でした。
時間がなかったので、簡単なものが多いですね。
間にあって良かった~^^;

エリンギの肉巻き

では、エリンギの肉巻きのレシピをご紹介しますね♪

材 料

・エリンギ 1本
・豚の薄切り肉 8枚位
(エリンギの切る量に合わせて)
☆砂糖 小さじ1/2
☆醤油 小さじ1
☆酒 小さじ1
☆みりん 小さじ1
・片栗粉 適量

レシピ

(1)材料の下準備

・エリンギを8等分に切ります。
(上部と下部になるよう二つに切って、それぞれを4等分)
※エリンギの大きさによって変えて下さいね!
(一口大の大きさにしてくださいね)
・☆印の調味料を混ぜておきます。

(2)巻きます!

・一口大に切ったエリンギに豚肉を巻きます。
(できるだけ、エリンギが隠れるように全体に巻いてください)

(3)焼きます!

・お肉を巻いたエリンギ(2)に軽く片栗粉をまぶします。
・油を熱したフライパンにお肉のとじ目を下にして投入し、両面焼きます
※とじ目側が焼けるまで動かさない方が崩れません。

(4)味付けします!

焼けてきたら、(1)で混ぜておいた調味料を投入。
味を全体になじませます。

出来上がりです♪

エリンギの食感とお肉のバランスが絶妙。
美味しいお弁当のおかずです。

うちの夫にも好評です♪
えのきの肉巻きよりもエリンギの肉巻きの方が好きらしいです。

お弁当レシピ を見る!

エリンギの栄養素は?

最近話題のカラダに良い働きをする菌を食事から摂り入れる『菌活』

善玉菌を増やして腸内環境を整えることで、美容と健康の両方に効果があるといわれてます。

私は、「菌活」といったら、やっぱり「キノコ」が先に浮かびます!

では、エリンギの栄養素は?
と思ったので、ちょっと調べてみました。

< エリンギの栄養素 >

●食物繊維

よく知られているように、便秘予防や改善にいいですね。
また、発がん物質などの有害物質の排出も促す働きもあります。

エリンギに含まれている水に溶けない特性の不溶性食物繊維は、胃の中で水分を吸収し膨張するため満腹感を与えてくれるそうです。
という事は、ダイエット効果が期待できますね~♪

●ナイアシン

皮膚や粘膜の健康を保ち、アルコールの解毒にも働きます。
また、血の巡りをよくする働きがあるため、冷え性の改善に効果が期待できるそうです。


●カリウム

体内の余分なナトリウムを排出し、バランスを調整してくれるため、高血圧を抑制する効果があります。

なので、動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞の予防になります。


●エルゴステロール

日光に当たることで、ビタミンDに変化する特徴があるそうです。

ビタミンDには、カルシウムの吸収を促す作用があるため、骨粗鬆症の予防になります。


●βグルカン

免疫力を高める働きがあると言われているので、風邪予防などの効果が期待できます。

などなど。。。

このように多くの栄養成分が含まれているそうです。

効能を見ると、生活習慣病予防の効果が高いキノコかと!

生活習慣病やダイエットなど、気になるお年頃の私には、積極的に摂り入れたい食材ですね!
もちろん、夫も同じですが^^

こういうこと知っておくだけで、何だか「しっかり食べよう!」って気になります。

ココまでお付き合い頂きありがとうございました^^
明日も笑顔に包まれますように☆彡


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする