簡単!豚の生姜焼き♪玉ねぎを入れれば、量増し&ヘルシーに♪

やっぱり、お弁当のおかずに『豚の生姜焼き』は人気ですよね♪

うちでは、いつも玉ねぎも入れて作ります。
玉ねぎを入れると量増しにもなるし、ヘルシーになりますね!

そんなに時間もかからずできるので、嬉しいレシピです♪
もちろん、量を増やせば晩御飯でも大人気のおかずです^^

ちなみに、この日のお弁当のメニューは

・豚の生姜焼き
・ネギ入り卵焼き
・ちくわの青じそチーズ巻き
・ハーブウィンナー
・カニクリームコロッケ(冷凍食品)

でした♪

簡単!豚の生姜焼き

材 料

・豚肉 50~80g位
・玉ねぎ 1/4個
・小麦粉 適量
☆砂糖 小さじ1/2
☆醤油 小さじ1
☆酒 小さじ1
☆みりん 小さじ1
・ショウガ 1片
・しょう油 少々(味が薄いようなら)

レシピ

(1)材料の下準備

・玉ねぎは、薄切り
・ショウガは、すりおろします
・☆印の調味料を混ぜておきます

(2)焼きます!

・フライパンに油をひき、温めます(少し多め)
・軽く小麦粉をまぶした豚肉を投入。
・豚肉を裏返す時に、玉ねぎを投入。

(3)味付けをします!

・豚肉と玉ねぎが焼けてきたら、(1)で混ぜておいた調味料を投入し、味をからめます。

・すりおろしたショウガをいれます
※ショウガ汁だけでも、全部でもお好みで。
ちなみに私は全部入れちゃいます。

・味が薄いようでしたら、醤油を少々付け加えて下さい
※お弁当の時は、少し濃いめの味付けの方がいいそうです
理由は、記事の最後の方に!

◎豚肉は、バラ肉でも肩ロース肉でも薄切り肉なら、なんでもいいです。

晩御飯で作る時は、生姜焼き用の少し厚めのお肉を使えば食べごたえがありますね。

◎もし、小間切れ肉しかなかったら・・・

小麦粉をまぶす時に一口大にまとめてから、小麦粉をまぶします。
フライパンで焼く時は、なるべく焼けるまでひっくり返さないようにすれば一口大の大きさで焼けます。

◎豚肉に小麦粉をまぶすと味がからみやすいです。

◎ショウガは、最後に入れると風味が残るのでオススメの方法です。

お弁当の味付けは、少し濃いめがオススメ♪

お弁当の味付けは、少し濃いめがいいと聞いたことがありませんか?
そこで、ちょっと調べてみました^^

オススメな訳

★冷めても美味しい!

冷めると味を薄く感じやすくなるためです。
ただし、塩分の撮り過ぎは禁物!
香辛料やハーブなどを利用して味にアクセントをつけるのもいいですね!

★濃いめの味付けは、おかずを痛みにくくする!

塩や醤油、酢などの調味料には、雑菌の繁殖を抑える効果があるそうです。

特に夏場は、濃いめの味付けにした方が安心ですね!

ちなみに、前の晩に作ったおかずも、朝必ず温めなおした方がいいそうですよ。

梅雨時や夏場のお弁当は、気を使いますね!

”自然解凍OK!”冷凍食品を保冷剤がわりに入れるのも手ですね。

せっかくの手作り弁当、美味しく安全に食べてもらいたいものです。

ココまでお付き合い頂きありがとうございました^^
明日も笑顔に包まれますように☆彡



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする