【メディカルハーブ】ローズマリーについてのお勉強

メディカルハーブのお勉強(ローズマリー)

ラテン語で「海のしずく」という言葉に由来するように、海のしぶきのような色と形の花を咲かせます。

ハンガリーのエリザベート王妃がローズマリーを主原料とした化粧水で若さを取り戻し、70歳を超えているにもかかわらず、隣国の王子に求婚されたというエピソードから「若返りのハーブ」ともいわれてるそうです♪

「若返りのハーブ」とは!
気になりますよね~

お肉料理の臭みを消すだけでは、ないんですね~

今回は、そんなエピソードのある「ローズマリー」のお勉強をしたいと思います♪

ローズマリーのあれこれ

ローズマリー

ローズマリーは、スッキリした香りと味で、集中力を高め、リフレッシュ効果が期待できます。

ヨーロッパでは、記憶・思い出の象徴として教会行事に利用されていたそうですよ。

古くから「若返りを取り戻すハーブ」として有名です。

和名が『マンネンロウ(万年朗)』というのですが、「永遠の青年」という意味するところからつけらたとされてます。

「若返りのハーブ」といわれたエピソード

初めにも書いたとおりにローズマリーは、「若返りのハーブ」として有名です。

なぜ、そういわれるようになったのか…

もうちょっと詳しく知りたくないですか?

なので、もう少しご説明したいと思います♪

(ご興味なければ、スルーしてくださいね~)

■ハンガリー王妃の水

若くして夫を亡くしたハンガリー王妃は、晩年近くなった時に、手足が痛む病気にかかってしまいました。

コレを気の毒に思った修道院の僧が王妃のために、ローズマリーなどを主体として作った痛み止めの薬を献上したそうです。

すると、状態はみるみるとよくなり、心身ともに若くキレイになっていき、70才を超えた王妃に30歳も年下の隣国ポーランドの王子から求婚されたという逸話が残っています。

この痛め止めの薬が、
ハンガリー王妃の水=ハンガリーウォーター」です。

のちに「若返りの水」として評判になり、今に伝えられています。

若返りの水(ハンガリーウォーター)の作り方

気になる「ハンガリーウォーター」の作り方をご紹介♪

若返りのハーブといわれるローズマリーを主原料として作った化粧水です。

肌のきめを整え、潤いを与えてくれます。

< 材料 >

ウォッカ 50ml
◎ローズマリー 大さじ3
◎ペパーミント 大さじ3
◎ローズ 大さじ3
◎レモンの皮 ひとかけら

精製水 or ハーブティー 100ml

< 作り方 >

①材料を1カ月ほど漬け込みます。

ウォッカに◎印の材料を全部入れ、1ヵ月ほど漬け込みます。
毎日、瓶をふって中身を混ぜて下さいね。

②ハーブをこして、精製水かハーブティーを100mlと混ぜて出来上がり♪

化粧水として、お使いください!

まだ、私は作ったことないですが、昔はこんな感じで作っていたんでしょうね~

ちょっと、作ってみたくなりました^^

主な作用とどんな症状にいいの?

簡単にどんな作用があるのか、どんな症状に飲むといいのかをまとめてみました!

・抗酸化作用

・血行促進作用

・消化促進作用

・抗うつ作用

・血管強化

・頭皮トラブル

・低血圧

・風邪

・肩こり

・更年期障害

・記憶力、集中力を高める

※妊娠中、高血圧の方は、注意が必要。

▼作用の分からない方は、コチラを参考に!
精油の作用一覧とオススメの精油【初めてのアロマテラピー】

育毛ローションの作り方

上記でもありましたように、頭皮トラブルにもいいんですね。

なので、育毛ローションの作り方をご紹介♪

< 材料 >

ローズマリー(ドライハーブ) 3g
ラベンダー(ドライハーブ) 3g
ウォッカ 50ml

精製水 100ml

※ウォッカの代わりに、ホワイトリカーでも良いです。

< 作り方 >

①ローズマリーとラベンダーを密閉できるビンに入れます。

②ビンの中に38~40度のウォッカを50mlいれます。

ハーブが浸かるまで入れて下さいね。

③2週間保存します。

※毎日ビンを振って下さい。

④ハーブをこし、精製水100mlを加えて出来上がり~♪

おススメのブレンド

ローズマリー(ドライ)

ローズマリー+ラベンダー+レモングラス

ローズマリー+ラベンダー+ハイビスカス

ローズマリー+セージ+タイム

ローズヒップをもう少し詳しく♪

「学名など知りたい!」というアナタへ、もう少しだけ詳しくご紹介します!

・学名:Rosmarinus officinalis  シソ科・落葉低木

・別名:マンネンロウ(万年朗)

・原産地:地中海沿岸

・利用部分:葉

・主要成分

精油(シネオール、α-ピネン、カンファー、ボルネオールなど)
フェノール酸(ロスマリン酸、クロロゲン酸、カフェ酸)
ジテルペン化合物(カルノソール、ロスマノールなど)
フラボノイド(ルテオリンなど)

◎古くから「若さを取り戻すハーブ」として有名ですが、別名が『マンネンロウ(万年朗)』は、「永遠の青年」という意味するところからつけらたとされてます。

感 想♪

ローズマリーの花

ローズマリーの花って、こんな↑に可愛いんですね~
見たことなかったです^^;

ローズマリーは、アロマの精油にもありますね。

作用としては、他にも、無気力になった心に元気を与えるほか、さまざまな器官の働きを活性化して体を温めるので、冷え性や低血圧によく作用します。

なので、逆に高血圧の方は、注意が必要なんですね。

今回もローズマリーの花言葉調べてみました!

ローズマリーの花言葉は、

『追憶』『思い出』『記憶』『貞節』『あなたは私を蘇らせる』『誠実』『変わらぬ愛』『私を思って』『静かな力強さ』だそうです。

たくさんありますね^.^

今回は、「ローズマリー」のお勉強をしてみました♪

▼他にもメディカルハーブやアロマのこと学べますよ~

アロマ&ハーブ の一覧を見る!

最後に、ハーブティー探しに役に立ちそうなサイトを2つほどご紹介しますね♪

【ヴェーダヴィオンラインショップ】
国内最大級のハーブ専門店【enherb】

ハーブ勉強中のアナタの参考になれたら、嬉しいです♪

ココまでお付き合い頂きありがとうございました!
笑顔あふれる素敵な1日をお過ごし下さいね(^v^)

▼アロマの資格を取る!

▶アロマテラピーを自宅にいながら本格的に学べる!目指せ在宅ワーク!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする